クロスビーにはこんな魅力が詰まってる!


2017年12月、オールブランニュー・モデルとして登場した
スズキのクロスビー



魅力溢れるこのクルマのセールスポイントを探ってみます。

 

①意外と少ないワゴンタイプのSUV

昨今のSUVのトレンドは、「クーペスタイル」と「3列シート」。

今後、3列シートのSUVが続々登場してきそうな気配ですが、
現状はというとクーペタイプのSUVが世界的にみても非常に多く、
CH-Rなどの国産小型SUVもほとんどこのジャンルと言えます。

さてクロスビーはというと、最近流行のクーペスタイルを取らず
ワゴン要素を取り入れたスタイル。



人も荷物もコンパクトなSUVで効率的に運ぼうとした場合、
ワゴンタイプとせざるを得なかったという事情もあるかと思いますが、
逆にこれが今のSUVの中にあっては新鮮に映り、
オーソドックかつ、キュートなスタイルを生んだとも言えそうです。


さて、スズキには既にもう一つほぼ同じサイズの小型SUV「イグニス」があり、
同社内でクロスビーと食い合いになりそうな気配ですが、
その点スズキも気にしているようで、差別化を図ってきています。

クロスビーとイグニスのサイズは非常に似通っており、
クロスビーの方が全長で+60㎜、全幅で+10㎜とわずかな差ですが、
全高の方は+110mm、ヒップポイントも+60㎜とクロスビーはかなり高くなっています。

ということで、
イグニスはフロンテクーペなど往年の名車スタイルを取り入れた
クーペスタイル・SUVで前席優先のちょっと若者寄り嗜好。

クロスビーはワゴン要素を取り入れた高い背丈を生かし、後席にもゆとりを持たせた広々室内を実現。だれにでも扱いやすいクルマに仕上がっています。


 

②トルクフルなエンジンにマイルド・ハイブリッドを合体

クロスビーに搭載の1L・3気筒ターボは、スイフトRStに搭載されているものと基本的に同じ物ですが、このエンジンにISG(モーター機能付き発電機)を組み合わせマイルド・ハイブリッドとしたのはクロスビーが初となります。



【クロスビーのエンジン・スペック】
 最高出力 :99ps / 5500rpm
 最大トルク:15.3kg・m / 1700 - 4000rpm

最高出力は自然吸気の1.3L級並みと目を見張るほどではありませんが、
要注目なのはトルク。

自然吸気1.6L級並みの高トルクで、しかも低回転から発生しています。


ちなみにイグニスは、1.2L・4気筒の自然吸気。
 最高出力 :91ps / 6000rpm
 最大トルク:12.0kg・m / 4400rpm
と、馬力・トルクとも1.2Lとしては平均的。

クロスビーは1Lながらターボの威力が絶大で、
税金面でもイグニスと比べ年間で5千円お安くなってきます。

そして、クロスビーはこの1L・ターボにISGを搭載しマイルド・ハイブリッドを構成。ISGを搭載していない同型エンジンのスイフトよりも燃費を向上しています。

【燃費(JC08モード)】
 クロスビー  :22.0㎞/L(※ 1L・3気筒ターボ + ISG)
 スイフトRSt:20.0㎞/L(※ 1L・3気筒ターボ )

スポンサーリンク
 

③ミッションはハイギヤードな6ATを採用

現状、国産車の主力ミッションはCVT。

停止・発進、加速・減速の多い日本の道路には、きめ細かく回転数を調整できる無段変速のCVTが燃費の面でも比較的良くマッチングしています。

そうしたCVT主流の中、クロスビーはトルコン式の6AT(パドルシフト付き)を採用してきました。



一見地味で見落としがちな箇所ですが、
このような多段式ATの採用は今後、国産小型車でも主流となってくるかもしれません。


さて、最近スズキが搭載を進めている6ATは、
ハイギアードな6速目をプラスしたかのようなワイドレンジの6AT。

今後、日本では
●高速道路の最高速度引き上げ
●燃費計測をJC08モードから更に平均速度・最高速度がアップするWLTCモードへ

などの変更が予定されており、従来より高速走行への対応が迫られていますが、
CVTはその仕組み上ハイギアード化が苦手で、多段化しやすいトルコン式ATが今後有利となってきそうです。

クロスビーは6ATの採用で高速走行時の
 ● 燃費向上
 ● 静粛性の向上
がより期待でき、
なによりもCVTにはない小気味よいシフトが可能となってきます。
 

④更に進化した「スズキ セーフティ サポート」を搭載

従来より定評のあった予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」。

単眼カメラ+レーザーレーダーで、自動ブレーキや車線逸脱警報、
前方の誤発進抑制機能などを具備し、新型スイフトなどに装備せれていましたが、

クロスビーに搭載されたものはこれの更なる進化形で、
後方誤発進防止、後退時の自動ベレーキなど
後方への安全支援機能が加わっています。



この「スズキ セーフティ サポート」は
上位モデルのMZには標準装備、
下位モデルのMXにはオプション(+10万7千円)となっています。

スポンサーリンク
 

⑤結局のところ、クロスビーは本物の ”小型” SUV

一般的に、小型SUVと言われる国産車には、
 ● CH-R(トヨタ)
 ● ヴェゼル(ホンダ)
 ● CX-3(マツダ)
 ● ジューク(日産)
 ● XV(スバル)

があり、各社とも売れ筋SUVとして取り揃えているわけですが、
全長は4.1~4.5M弱。
全幅に至っては軽く1.7Mを超えた3ナンバーサイズ。

SUVとしては確かに小柄なのかもしれませんが、日本国内に住む者からすれば
到底、小型車とは思えない堂々とした体格のクルマばかり。

海外輸出を強く意識したこれらのモデルは、
日本の道路・駐車場事情には多少目をつぶって開発されたものばかりで、
特に狭い道が多くなる地方では、そのサイズに手を焼くことになってきます。


その点、クロスビーは5ナンバーに軽々収まるサイズ。

【クロスビーのサイズ】
 全長:3,760 mm
 全幅:1,670 mm
 全高:1,705 mm  
 車重:960 ~ 1,000 kg 

コンパクトサイズのクロスビーは高いアイポイントも相まって、
フロントフードの先端まで確認できる見切りのいい設計です。

【結論】
クロスビーは老若男女みなが運転しやすい
日本にマッチした本物の ”小型”SUV。



以上、クロスビーの魅力をご紹介してきました。

これは、かなり売れそうな気配がします・・・ が、

問題はその価格。

モデル構成は上位のMZと下位のMXの2種とシンプル。
エンジンと足回りは全く同じで、その価格差は装備の違いのみとなってきます。

 ● MX (2WD) ・・・ 177万円
 ● MX (4WD) ・・・ 191万円
 ● MZ (2WD) ・・・ 200万円
 ● MZ (4WD) ・・・ 215万円

上位モデルのMZ(2WD)は装備がかなり充実しているとはいえ200万円をわずかに超えてきており、国産コンパクトカーとしては強気のお値段。

この価格帯になるとコンパクト輸入車やワンクラス上のインプレッサ・スポーツ1.6i-L EyeSight(194万円)なども射程に入ってきて、選択肢がグ~ンと増えてきます。

ということで、クロスビーの購入を検討されている方は
 ●同価格帯の他車とも乗り比べよく比較検討する
 ●下位モデルのMXをベースにオプションで装備を固める

など、冷静になって判断するのが賢明となってきそうです。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る