おすすめ自動車テレビ番組

独断と偏見で、おすすめのクルマ関連のテレビ番組を紹介させて頂きます。

自動車番組は実は結構な数があるものですが、放送時間やTV局がメジャーでなっかたりと見過ごすことも多いもので、私は録画機能を駆使してまめに見てたりします。

で、ちょっとまとめてみましたのでご参考にしてください。
ちなみに、あくまでも私好みの順位付けですのでご了承を ・・・ (^^;

 

第1位
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ

イギリスが舞台です。
どこか故障している古い旧車を買い付け担当のマイクが安く手に入れ、整備担当のエドが修理後転売し儲けを手に入れるといった内容です。

car_b2

最初はボロボロで買い付けたクルマですが背高のっぽのエドが文句を言いながらも見事に修理・再生していきます。

修理過程も説明しながらやってくれるので、レストアを考えている方は参考になるかも。
裏テクニックもちらほら出てきます。

登場するクルマは旧車ばかりですがジャンルは様々。
VWビートルなんかのメジャーなものから、ポーランドの国産車・シレーナとか聞いたことのないものまで。
初代MR2なんかの日本車も登場しました。

最後はピカピカに生き返る旧車をみるだけでも、私なんぞはワクワクしてしまいます。

それにしても海外の人って、必ず値切って買いますね~w

【データ】
ディスカバリーチャンネル
CSやケーブルTVなんかで見れます
ちなみに我が家は J:COM (ケーブルTV)で視聴
放送時間はころころ変わるのでご注意を

 

第2位
おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!

司会はおぎやはぎのお二人と自動車評論家の竹岡圭さん。
毎回、有名人を一人招いて過去を振り返りつつ、その方が所有していた歴代のクルマを紹介していきます。

また、ゲストが思い出に残るクルマも実車で数台登場し、簡単に試乗をしつつ過去のエピソードを語っていきます。

car_b6

この番組が楽しいところは、ゲストが所有していたクルマとゲスト自身のエピソードを絡めつつのトークがおもしろいところで、ゲストの方は過去に所有していたクルマを振り返るとその時の記憶が蘇ってくるようで、だれも知らないようなゲストの逸話がポロっと出てきたりしますw

過去に登場したゲストはとんねるずのお二人、俳優の哀川翔さん、作曲家の村松崇継さんなど多数で、様々なジャンルからクルマ好きがご登場といったところです。

スポンサーリンク

私が記憶に残るゲストはゲームクリエイターの山内一典さん。
「グランツーリスモ」の生みの親ですが、そのゲームの開発裏話も興味深かったし所有していたクルマもさすがにスポーツカー中心で多彩でした。

ちなみにゲストのみなさん、著名人のサガと申しましょうかベンツの登場が結構多く、視聴者からもベンツばっかりと文句が出ていました。
(私も同感ですw)

【データ】
BS日テレ
毎週土曜 22:00 ~ 22:54

 

第3位
カー・SOS 蘇れ!思い出の名車

こちらもイギリスが舞台です。
ボロボロになった車をオーナーには内緒で持ち出し、ピカピカに再生し返却します。

オーナーは病気やケガなどの理由で愛車を廃車寸前状態でやむなく放置。
それを見かねた家族・友人が依頼主となって番組進行のティム(パーツ調達担当)とファズ(修理担当)の二人に依頼しクルマを完璧に修理してもらいます。

car_b1

登場するクルマは様々の旧車。
廃車寸前の名車が完璧に復活する過程は見ものです。

最後はちょっとしたサプライズをセッティングし、オーナーへは内緒でピカピカに再生した車を返却します。

再生された愛車がオーナーへ手渡されるシーンは感動もので、涙腺の弱い方はハンカチかタオルのご用意を。

【データ】
ナショナル ジオグラフィック チャンネル
CSやケーブルTVなど
放送時間は変動します

 

第4位
ファスト&ラウド

アメリカが舞台です。
中心となる人物はリチャ―ド(クルマショップのオーナー)とアーロン(修理・改造担当)。

ちなみにリチャードはアメリカ横断キャノンボールの世界記録を保持していた強者です。

リチャードは旧車を中心に安く買い付け、アーロンはそれを修理もしくは大改造して転売し儲けを出していきます。

car_b8

いかにもアメリカっていう感じの番組で、経営者目線でケチケチのリチャードと改造にこだわりまくって経費を掛けちゃうアーロンやショップ店員とのハチャメチャぶりが楽しいですw

登場するクルマはアメリカの古くなった名車が中心。

それをこれでもかと大改造していきますが、エンジンもフレームも違う車種から持ってきちゃうなんて、アメリカって自由だな~w

【データ】
ディスカバリーチャンネル
CSやケーブルTVなど
放送時間は変動します

次ページ おすすめ自動車テレビ番組 第5位 ~ 7位

スポンサーリンク

直列6気筒エンジン復活の鍵はダウンサイジングの流れ
レンジエクステンダーEVは低炭素社会の大本命かもしれない

Pocket
LINEで送る