トヨタのDCM標準搭載で起こる事


DCM(データ・コミュニケーション・モジュール)はトヨタが搭載を進めている、クルマをインターネットと繋げるための車載通信機

既にレクサス全車には標準搭載されており、2020年までに日米でほぼすべてのトヨタ車にもDCMを標準搭載をするとしています。


 
トヨタは2016年4月にネットに接続できるコネクテッドカーの更なる推進を目的に「コネクティッドカンパニー」を設立。自前のデータ処理センター「トヨタスマートセンター」とクルマをネットで接続し様々なサービスを展開・創造しようとしています。

ちなみに、クルマをネットに繋がる方法としてスマホやWi-Fiルータを経由する方法もありますが、DCMは予めクルマに搭載された専用の通信機

スマホのように乗車の度にナビと接続する必要もなく常時接続された高速の専用回線を使用、そして高機能です。

スポンサーリンク

このDCMが販売量で世界1、2を争うトヨタの日米全てのクルマに標準搭載され常時データ処理センターと接続されることで新たなサービスを創造しようとしています。

  ●渋滞や凍結路のナビ表示
  ●有人オペレータによるヘルプ機能
  ●車両の故障予知及び運転者への通知
  ●テレマスク保険(※運転傾向から適正保険料を算出)
  ●ライドシェア・カーシェアのネット決済
  ●盗難車両の追跡・遠隔停止

などなど、既に実現しているものが多くあり、
未来に目を向けるみると、AI(人工知能)を搭載した完全自動運転で弱者に優しいクルマ社会がみえてきます。

このようにDCMの標準搭載で有用なサービスが創造され、多くのメリットが享受されることとなっていきますが、その逆もまた然り。 
 

トヨタがDCMの搭載を進める理由のひとつに「ビッグデータ」の活用があり、標準搭載を進める一番の理由がここにあるように思えます。



集積した膨大なビッグデータは、新たなサービスの創造やクルマ開発へのフィードバックなど自社内で使われる他にも、異業種に有益な情報として売買・活用され役所などにも使われるでしょうから、社外にも出ていくことになります。

有人オペレータとも会話できるということは車内の会話をモニターしようとすれば可能となり、クルマの遠隔操作も可能。

常に多くのクルマの行動は管理されその内、犯罪防止とかの名目でDCMのような車載通信機搭載が義務付け? なんてこともあるかもしれません。

自由であるはずのクルマは統合管理され、「クルマは個室になれるからいいんだ!」なんてことも、言ってられなくなるかもしれません。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る