ジャパンタクシー(トヨタ)は一般人でも購入可能?


2017年10月23日にトヨタから発売されたジャパンタクシー(JPN TAXI)



タクシー専用車として開発されたものなのですが、ロンドンタクシーにも似たその風貌は独特で使い勝手の良さそうな所から興味をそそられた方も多いはず。

では、我々一般人にも購入し走行させることができるかというと・・・
「可能」なのです。

そう、個人購入ができマイカーとして使用ができるのです。

そんな「ジャパンタクシー」の中身はというと、

● 全長 × 全幅 × 全高:4400 × 1695 × 1750 mm
● ホイールベース:2750 mm 
● 車両重量:1390~1410 kg
● 動力:1.5L(直列4気筒)+モーターのハイブリッド 
    エンジン:最高出力74ps 最大トルク 11.3kgm 
  モーター:最高出力61ps 最大トルク 17.2kgm
● 使用燃料:LPG(液化石油ガス)
● 燃費:19.4㎞/L (JC08モード)
● 乗車定員:5人
● 左側リアドアはスライド式、右側リアドアはヒンジ式
● 「Toyota Safety Sense C」を搭載
● 匠(たくみ)約350万円と和(なごみ)約328万円の2グレード構成
● ボディーカラー:藍・黒・白の3色あり

ベース車両となったのはシエンタで、使用燃料が異なるものの馬力・トルクはほぼ同じ。
車両重量も似たり寄ったりなので動力性能的にはさほど問題なさそうです。

ちなみに、道路側となる右側リアドアがヒンジ式なのは、スライド式だと乗降中であることがわかりずらい事から乗客の安全性を考慮したタクシー仕様ならでは。



さて、このタクシー専用車のジャパンタクシーを
個人使用として念頭に置いた場合に好ましく思える点は、

● 5ナンバーサイズに収まる比較的コンパクトなサイズ
● 後席や荷室が広く使い勝手が良好
● 低床で車椅子の積載も可能
● 燃費もそこそこ良好
● 衝突回避支援パッケージ 「Toyota Safety Sense C」とサイドエアバッグも標準装備

と、乗客優先の設計に加え昨今の乗用車のトレンドを一通り揃えており、
なによりも、ほのぼのとしたその風貌に惹かれます。

スポンサーリンク


しかしながら引っ掛かるのは、使用燃料がLPG(液化石油ガス)といった点。
ほとんどのタクシーが使うLPGというものは、一般人が普通に購入し入れられるものなのか?

調べてみると・・・
● 一般人でも普通に購入できる
● ただし、LPガススタンドは通常のガソリンスタンドに比べかなり少ない
● LPGの購入単位は「リットル」でガソリンと同じ。補給時間もほとんど同じ
● 価格は1Lで約80~90円と軽油よりもお安い
● LPG車の排気ガスは比較的クリーンで環境にも優しい
● 馬力・燃費・航続距離ともガソリン車と大差なし
● クルマに搭載するガスボンベは大きくトランクスペースを多少犠牲にする


LPガススタンドは少ないと言ったものの、多くのタクシーが街中を走り回っているぐらいですから、多少不便は感じるものの入手はそう難しくありません。



逆に、値段が安く環境にも優しいとくれば、なぜもっと普及しないのか不思議なぐらいですが、こんな理由が・・・

LPGは液体で補給されますが常温で液化するのにはちょっとだけ圧力が必要。
このため燃料貯蔵にはガスボンベが使用されますが、
このガスボンベは高圧ガス保安法で容器検査が6年毎に義務付けされています。

この容器検査に5万円以上掛かるようで、かなりの距離を走らないことにはペイしない模様。

また、ガスボンベは大きめの円筒形が基本で、クルマへの搭載位置が限定されるのも一因かもしれません。(ホンダのセンタータンクなんて到底無理・・・)

ちなみにジャパンタクシーの場合は、後席の背もたれ後ろに搭載しています。



トヨタのタクシー車シェアは約9割とかなり高く、今後このジャパンタクシーが日本中を走り回ることとなりそうです。

個人でも所有し走行することが可能なジャパンタクシー。

最大のネックはタクシーに間違われ、道筋で頻繁に手を挙げらそうな点かもしれません。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る