e-POWERとレンジエクステンダーEVの違い


e-POWER(※シリーズ・ハイブリッド)と
レンジエクステンダーEV

この2つは
●駆動力はモーターのみ
●発電用のエンジンを搭載

という共通点を持っており、
ピュアEVの弱点である航続距離の短さをカバーする機能を有しています。

一見、似ているようでもありますが大きな違いがある両車。
その辺りを明確にしていきます。
 

まずは比較表です。※大小はあくまでも2車を比較した場合です)


根本的に異なるのが、「外部充電機能」の有無です。

e-POWERには外部から充電する機能はなく、電力の供給は搭載しているエンジンによる発電のみです。

頼れる電力の供給がエンジンによる発電のみとなるため、

 ●発電用エンジンが比較的大きい(コンパクトカー並の大きさ)

 ●燃料タンクも通常サイズが必要(コンパクトカー並の大きさ)
 
となり、発電・充電しながらの走行とるためエンジンが頻繁に起動することとなります。

その代わりに非常に高価な駆動用バッテリーは小さなものですむため、車両価格が低く抑えることができます。



レンジエクステンダーEVには外部充電機能があります。
電気プラグを差し込んで充電する、この外部充電による電力がメインのエネルギーで、充電した電力が残り少なくなると発電用エンジンを起動し航続距離を伸ばしていきます。

このため
 ●発電用エンジンは比較的小さい(バイク並の大きさ(600cc程度))
 ●燃料タンクは小さい(バイク並の大きさ(10L程度))

となり、エンジンによる発電は補助的な意味合いが強くなってきます。

このようにレンジエクステンダーEVは大容量の駆動用バッテリーが必要となることから、これが車両価格を大きく押し上げることとなってしまいます。。



以上の事からe-POWER (シリーズ・ハイブリッド) は車両価格が低く抑えられ航続距離も長いことから、EVの入門用としては最適に。

一方レンジエクステンダーEVは高価とはなりますが、ガソリン消費量が少なくCO₂排出量が低いことからクリーンな環境対策車という位置付けになってきます。


ちなみに、北米の厳しい環境規制「ZEV規制」の対策車として、e-POWER(シリーズ・ハイブリッド)は認められませんが、

レンジエクステンダーEVは「エンジン発電よる航続距離が、外部充電のみでの航続距離より短い」という条件を満たせば、対策車となることが出来ます。
※レンジエクステンダーEVの燃料タンクが小さいのは、この条件を満たすためだと思われます)


Pocket
LINEで送る