ちょっとお高いクロスビーのお得な組み合わせを探ってみました


注目されていたコンパクトSUV「XBEE(クロスビー)」
いよいよスズキより発売となりました。



日本の道路・住宅事情にマッチしたコンパクトサイズながら、
広い室内と実用性を確保しつつも、遊び心を忘れていないクロスビー。

巷にあふれかえる図体デカデカのSUVに
腰が引けてるワタクシにドンピシャきてます。



ではということで、お値段を覗いてみると・・・

上位モデル「MZ」の2WDで
2,003,400円・・・

にゃんと! 微妙に
200マンエン越え~

これだったらワンクラス上のアイサイトver.3を標準装備した
「インプレッサ・スポーツ1.6i-L EyeSight(194万円)」が
買えちゃいますよ。

装備が充実しているMZとはいえ、
コンパクトカーで200万円とは、
ちょっとお高くないですか? 

ということで、もう少しお安く、
納得の装備で購入できる組み合わせを模索してみます。

 

「MZ」と「MX」の違いはどこに?

さて、クロスビーは
 ● 上位モデルの「MZ」
 ● 下位モデルの「MX」
2種類だけというシンプル構成です。

そして、各々のモデルに2WDと4WDが用意されており、
お値段は以下の通り。(※千円以下は四捨五入)

 ● MX 2WD ・・・ 177万
 ● MX 4WD ・・・ 191万円
 ● MZ 2WD ・・・ 200万円
 ● MZ 4WD ・・・ 215万円


MZとMXの価格差は約24万円もありますが両モデルとも、
1.0L・3気筒ターボエンジン・マイルドハイブリッド付きの6AT
で動力性能・足回りは全く同じ。



なので、このお値段の差額は全て装備にあるということになり、
その違いはというと・・・

<MZには付いていて、MXには無いもの>


 ●スズキ セーフティ サポートパッケージ(107千円)※自動ブレーキなどです
 ●LEDパッケージ(76千円)
 ●ステアリング・オーディオスイッチ

 ●クルーズコントロール
 ●本革巻ステアリング
 ●本革巻シフトノブ
 ●パーソナルテーブル
 ●ドアトリムクロス(フロントドア)
 ●シートバックとヘッドレストのシートパイピング
 ●防汚タイプラゲッジフロア
 ●助手席シートバックポケット
 ●LEDサイドターンランプ付ドアミラー
 ●IRカット機能付フロントガラス(※ IR = 赤外線)
 ●プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
 ●ギアシフトパネルとインパネサイドキャップのシルバー塗装
 ●ドアハンドルのメッキ(※インテリア、エクステリアとも)


こうして見てみると、
大きなものから小さなものまで装備の差が色々と付けれれており、
約24万円の価格差もなるほどといったところですが、
LEDパッケージや内装のシルバー塗装など、個人的には不要なものも結構あります。

なので、
性能面では全く同じの下位モデルMXをベースに
オプションで装備を固めてみます。

スポンサーリンク
 

下位モデルの「MX」をベースに装備を充実してみる

下位モデルとなるMXではありますが、
 「フルオートエアコン」「アルミホイール」「ルーフスポイラー」
が標準で付き、それなりの充実ぶりであります。

ですが、
 ①自動ブレーキ
 ②2トーンカラー

 ③本革巻きハンドル
の3種は個人的に外せないところ。

ということで、この3種を追加するにあたって
探りを入れてみます。



①自動ブレーキ

今や定番の装備となった感がある自動ブレーキ。
 
2018年1月からは任意の自動車保険に「自動ブレーキ割引」(約9%の割引)が適用されるようになり、更に付けたくなる装備に昇格してきました。

さて、MXに自動ブレーキを装備しようとすると
「スズキ セーフティ サポートパッケージ(107千円)」
をオプションで付けることとなります。



このパッケージは、
自動ブレーキ(歩行者検知も可)、前後誤発進防止、車線逸脱警報などに加え、
フロントサイドエアバッグも付き、値段の割にはなかなの充実ぶりです。

ちなみに、自動ブレーキの比較テスト動画をみてみると、
スズキの自動ブレーキはトップレベルの性能で文句なし。
これは、ぜひ付けるべしです。
 

②2トーンカラー

クロスビーには全11色があり、
 ● 単色 ・・・ 3種
 ● 2トーンルーフ ・・・ 6種
 ● 3トーンコーディネイト ・・・ 2種
という構成。

「2トーンルーフ及び3トーンコーディネイト(どちらも43千円)」
MZ・MXともオプション扱いです。

クロスビーはお茶目でポップな匂いがしますから、
2トーンや3トーンが良く似合います。


 
③本革巻きハンドル

MXのステアリングはウレタン製。

ステアリングは常に触れているところですから、
本革巻きステアリングがぜひ欲しいところです。

ですがオプション設定に無いので
ステアリングカバーで代用します。

「本革ステアリングホイールカバー(17千円 ※取り付け費込み)」 


見た目、フィット感もよさげなグッドデザインです。


結果、以上3種をMX本体(176万6千円)に付けると
合計193万3千円となります。

そしてこれに、定番のナビとETCも付けたくなってくるところです。




以上、個人的偏見で軽くオプションを選択してみました。
が、まだちょっと気になるところが・・・

オリジナルのインテリアがちょっとチープな感じがしてなりません。
特に下位モデルのMXでは、メッキ装飾やシルバー塗装が省かれたりしますしね・・・


と、いうことで、
「革調シートカバー(61千円 ※取り付け費込み)」 



をさらに追加して高級感をプラス。

これで、ちょっとだけ他の人のクロスビーとは一味違うぞ感を
出してみるのもありだと思いませんか?

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る