レンジエクステンダーEVは低炭素社会の大本命かもしれない


EV (電気自動車) の弱点【航続距離の短さ】【充電時間の長さ】を
カバーしてくれるレンジエクステンダー。

そんなレンジエクステンダーとは・・・
今後の展望も踏まえてみていきます。

ireland-115049_640

 

レンジエクステンダーEVとは

エンジンを動力とする発電機を搭載したEV(電気自動車)です。

Range   【 航続距離 】
Extender 延長装置 】
EV     【 電気自動車 】

低炭素社会を展望する上で有望視されているEV(電気自動車)。
しかしながら、航続距離の短さ・充電時間の長さがネックとなっています。

レンジエクステンダーEVはバッテリーの電気残量が少なくなると、発電用のエンジンを起動し充電しながら走行を続行することを可能としています。

電欠による走行不可の心配が格段に減り、充電ステーションが近くにない場合でもガソリンスタンドで速やかに燃料を補給し走行することができます。
 

仕様

現時点で考えられるレンジエクステンダーEVの仕様です。

●基本は電気自動車で電気コンセントから外部充電し
   電気モーターのみで走行します。

●バッテリーの電気残量が残り少なくなったら自動もしくは手動で
  エンジンを始動。
  エンジンの力で発電機を動かし、バッテリーに充電しながら
  電気モーターで走行を続けます。  

●エンジンはあくまでも発電用で直接、駆動力としては使用しません
  その為、発電用エンジンは小型のものを想定。

●アメリカのZEV規制に絡み、エンジンによる充電で走行できる距離は
  外部充電のみで走れる距離以下と設定されるモデルが基本となる可能性が
  高いと思われます。

  従って、燃料タンクも10L程度と小さいものとなる見込み。
 (※詳細を後述します)
 

レンジエクステンダーの利点

現時点で最終的にクリーンなクルマとして生き残るのは
  ◆ FCV(燃料電池自動車)
  ◆ EV  (電気自動車)
 
この2車種といわれています。



しかしながら、
FCVは水素ステーション等のインフラ整備・車体価格の面で普及はまだまだ先になりそうです。

EVについては、バッテリーの容量を2~3倍・充電時間の短縮を実現したものが登場しそうですがもう少し先になりそうですし、価格面もどうなるかわかりません。
また、充電スタンドは増えてきてはいますが、充電時間を考慮するとまだ十分な数とはいえません。


そういった状況下で、レンジエクステンダーEVは以下のような柔軟で応用が利く利点をいくつか併せ持つ、「現実的な次世代カー」といえます。

● EV用のインフラ整備拡充を待つ必要がなく早期普及が期待できる
● 既存EVへの搭載が比較的簡単
● EVに比べ高価で重いバッテリーの搭載を少なくできる

● 既存のエンジン技術を流用できる
● レンジエクステンダーユニットのみ開発し他社販売も視野へ入れられる
● 将来、発電用エンジンの燃料を水素とすれば窒素酸化物の処理は
    必要なものの、CO₂の排出は完全に無くなる

スポンサーリンク

 

市販車及び開発車

現在販売中のもの及び開発中のものを挙げてみます。


◆ i3 レンジエクステンダー
(BMW)

・2014年発売   (※以下の数字は2016年10月改良版のものです)
・一充電走行距離:390km (JC08モード)
・エンジン発電による延伸距離:121㎞
 ※トータルで511kmの航続距離(※メーカー発表値)
・発電用エンジン:647cc、2気筒、BMWモーターサイクル用
・燃料タンク:9L
・価格:546万円 ~

i3-12



現行市販されている数少ないレンジエクテンダーEV
日本でi3を購入される方の内、8割がレンジエクステンダー仕様を
選択とのこと。


◆ デミオ・REレンジエクステンダー (マツダ)

・2013年12月に公開された試作車
・一充電走行距離:200km
・エンジン発電による延伸距離:200㎞
 ※トータルで400kmの航続距離
・発電用エンジン:330cc  シングルロータリー・ガソリンエンジン (新開発)
・燃料タンク:9L

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%bb



ロータリーエンジンの特性を生かした小型、軽量、低騒音・低振動のユニット。既存EV車への後付けも考慮されており、ユニット単体での他社への販売の可能性もあり?

ロータリーはEVの利点とされる静粛性・低振動を犠牲にしにくく、また、水素燃料との相性も良くこの場合、CO₂の排出を完全にゼロにできることからも、もっともレンジエクスレンダーEVに適したエンジンかもしれません。 

次ページ レンジエクテンダーEVはZEV規制にも有効

スポンサーリンク

「HCCI」は次世代ガソリン車の本命として登場する
48Vマイルドハイブリッドで欧州車の攻勢が始まる

Pocket
LINEで送る