次世代カーの主役はHVからPHVへ


外部充電機能を持つPHV(プラグイン・ハイブリッドカー)。
HV(ハイブリッドカー)に代わる次世代カーとして注目されています。

phv31

出典「http://toyota.jp/」

世界の各自動車メーカーが力を入れ始めたPHVとは・・・
今後の動向も踏まえみていきます。
 

PHVとは

HVと似通っていますが、PHVには以下のような特徴があります。

 ● コンセントプラグを接続し、家庭や電気ステーションで
   外部充電をすることができます。

 ● HVより多くのバッテリーを積み、電気モーターのみでの走行距離が
   長くなります。

  通勤や買い物など数十キロ程度の短距離ならば
    ガソリン等の燃料を使用せず、電気モーターのみで走行が可能です。
 
  従って、燃料代が安くなり、地球環境にもやさしいクルマです。

 ● バッテリー残量が少なくなるとエンジンを起動し、HVと同じように
   エンジンの力を駆動力や発電に利用し、電気モーターも併用し
   走行を続けます。

  EV(電気自動車)と違いバッテリー切れによる走行不可の心配がなく、
     遠出の際も安心感があります。

スポンサーリンク

次の次世代カーとしてEVも有望ではあるが・・・

PHVと並行し世界の各メーカーが力を入れているのが EV(電気自動車)です。

EVは電気モーターのみで走行しますから、環境境性能・経済性とも抜群です。
しかし最大の欠点は、航続距離が短い・充電時間が長いこと。

その点、PHVは
航続距離も長く、バッテリーが小さいため充電時間は短くなります。

ということで、
従来のエンジン車と近い感覚で利用できるのは、PHVの方となります。

parking-space-1678181_640
EVが今後、普及を加速するためには、
 ● バッテリーの改良等による航続距離・充電時間の改善
 ● 電気ステーションの拡充

が必要となってきます。

もう一つ忘れてはいけないことが、家庭での充電環境
マンション等の集合住宅の場合、電気コンセントが整備されていないことが多いため、 電気ステーションでの充電に頼ることになります。

PHVはEVに比べ充電時間が短く、
仮に、外部充電をしなくてもガソリンのみでの走行が可能です。

これらを総合的に判断すると普及はEVより、
一般走行に向くPHVの方が、先に進むのではないかと予想されます。

次ページ 強まる各国の環境規制に対応できないHV

スポンサーリンク

レンジエクステンダーEVは低炭素社会の大本命かもしれない
超小型モビリティとは 暗雲立ち込める今後の展開

Pocket
LINEで送る