ノート e-POWERはエンジン発電のみで充電するEVとして日本初登場


ノート e-POWERが2016年11月2日に日産より発表になりました。
エンジン発電のみで充電するEV(電気自動車)としては日本初となります。

今回はノートのマイナーチェンジということで、
エクステリアの大幅な変更点はありませんが、
「e-POWER」という全く新しい超低燃費システムを引っさげての登場です。

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88-e-power1

出典「http://www2.nissan.co.jp/」

 

EVではあるがガソリン車と同等の使い勝手の良さ

EV(電気自動車)の弱点は【航続距離の短さ】【充電時間の長さ】
ノート e-POWERは、これらをカバーしたEVとして登場しました。

ノート e-POWERの
搭載エンジンは発電のみを行い、駆動は100%電気モーターだけ
で行います。


EVではありますが、燃料はガソリンで燃料タンク容量が35Lもありますから航続距離も長く(800km以上?)あり、従来のガソリン車などと同等の使い勝手を確保しています。

そして、超低燃費を実現し、
わずかながらもアクア(トヨタ)の燃費37.0km/Lを超えるモデルも用意してきました。

また、発電用のエンジンが作動するのは、ロードノイズが高まる走行中が中心となるので、EVの静粛性・低振動性も確保されています。


【 ノート e-POWER の仕様 】

 ● 駆動力:モーターのみ
 ● 発電用エンジン:3気筒 1.2L
 ● 燃費:37.2 km/L
 ● 最高出力:109ps 、最大トルク:25.9kgm(※モータ出力)
 ● 価格:177万円 ~ 224万円
 ● 燃料タンク:35L (無鉛レギュラーガソリン)

スポンサーリンク
 

アクセル操作だけで加減速できる新機能も搭載

今回のマイナーチェンジで、EVだからこそできた
「e-POWER Drive」という新機能も搭載してきました。

e-POWERは、以下3種の走行モードを選択可能としています。

 ● NORMALモード
 ● Sモード
 ● ECOモード

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power3

出典「http://www2.nissan.co.jp/」


この内、「Sモード」「ECOモード」を選択した場合、
アクセルを戻した場合の減速効果(エンジンブレーキに相当)がかなり強く掛かる設定となっています。

道路渋滞や山道などのコーナーが多い所で加減速が頻繁に発生する場面で、
アクセル操作のみでの加減速できる範囲を広げるもので、
ブレーキ操作を減らし、ドライバーの負担を減らす効果があります。
 

外部充電機能を省略しての登場

外部充電機能を装備したとすれば、安価な家庭用電気で充電ができますし、
また、アメリカの厳しい環境規制であるZEV規制にも対応が可能となってきますが、日産の「e-POWER」はこの外部充電機能を省略してきました。

外部充電機能を省略した場合のメリット

 ● 電気コンセントへ挿し込む手間がなく、
   電気コンセントが無い集合住宅でも良好な使い勝手を確保できる
 ● 蓄電用の高価で重たいバッテリーを少なくできる
 ● 外部充電装置が省けコストを下げられる


ZEV規制を無視して外部充電機能の省略を日産が選択できたのは、
ZEV規制に対応するEVのリーフが日産には既にあり、
わざわざ外部充電機能を装備したレンジエクテンダーEVを用意する必要性が
今には、無かったためだと思われ、

そして、強敵アクア(トヨタ)などのHV対向車が早期にほしかったのと、
EVを推進する日産としては、多くの人の入り口となる使い易いEVを準備した 
ということが、理由となってきます。

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88e-power2

出典「http://www2.nissan.co.jp/」


今回のe-POWERは、エンジン発電のみで充電するEVとして登場しましたが、
ますます厳しくなる今後の世界的な環境規制を考慮した場合、
外部充電をメインとするレンジエクステンダーEVとして進化していくかもしれません。

スポンサーリンク

レンジエクステンダーEVは低炭素社会の大本命かもしれない
直列6気筒エンジン復活の鍵はダウンサイジングの流れ

Pocket
LINEで送る