「ダイレクトアダプティブステアリング」は自動運転の分野でも要注目

 
「ダイレクトアダプティブステアリング」
は、
スカイラインに搭載され日産が開発した世界初のステアリング・システム。

ハンドルとタイヤ操舵が機構的に完全に分離されており、
ハンドルの動きを電気信号に置き換えた後、
アクチュエーター(電気信号を運動へ変換する装置)にてタイヤを操舵します。

ダイレクトアダプティブステアリング

出典「http://www2.nissan.co.jp/」


このステアリング・システムの一番の効果は
「ハンドル操作の微調整が不要となる」
ということ。

ハンドルとタイヤが物理的に切り離されていますから、
例えば、以下のような効果がありドライバーの疲労を軽減してくれます。

● 高速道路走行時に無意識的に行っている「ハンドル微調整」が不要
● 荒れた路面、轍(わだち)を走行時に行う「当て舵」が不要
● 不快な「キックバック」を解消

スポンサーリンク

 
また、通常はハンドリングをスポーツ走行向けにクイックに設定すると、路面からの外乱がハンドルに伝わりやすくなりますが、

このシステムはこれを解消し、
クイックなハンドリングと快適なハンドル操作を両立してくれます。

ireland-115049_640

その他にも、
今後期待されるであろう「自動運転」の分野でも要注目のシステム。

「ダイレクトアダプティブステアリング」は、
ハンドルは動かさずタイヤのみ操舵する
といったことも可能となります。

このことは例えば、
自動運転中に緊急回避をしハンドルが急回転したはずみで、ドライバーがケガをするっといったことなどが避けられことになりますから、
将来来るであろう完全な自律型自動運転にも有用な技術と思われます。

なお、万が一、システム障害となった場合は、
即座にハンドルとタイヤ操舵が物理的に接続し、ハンドル操作を維持してくれるバックアップ機能も備わっています。

スポンサーリンク

可変圧縮比エンジン「VC-T」は自然吸気とターボのいいとこどり
新型NSXにも搭載の「スポーツ・ハイブリッド SH-AWD」とは

Pocket
LINEで送る