ミラーレス解禁でクルマはどう変わる?


2016年6月に解禁となったクルマのミラーレス。

これによりルームミラーやサイドミラーを無くし、
カメラとモニターで代用することが認められました。



ミラーレス化によるメリット
は、

● 死角の減少
● 雪や雨、荷物などで視界が塞がれることの防止
● デザイン自由度の向上
● 空気抵抗低減で燃費が向上
● 車幅が広くなる傾向の中にあって接触防止対策に


逆にデメリット

● 映像表示までのタイムラグ発生懸念
● 電気系統トラブル等による表示不可
● 不慣れによるヒューマンエラー
● コスト など

懸念材料はあるものの、技術的にはほぼ問題ないレベルに達しているようです。


現状、ミラーレス化に近いものとして日産の「スマート・ルームミラー」が既に販売されており、液晶モニターを搭載したルームミラーに鏡と車体後部カメラによる映像とを任意に切り替えが可能となっています。

そして今度は、完全にミラーレス化したクルマが間もなく誕生してきます。

スポンサーリンク

カメラとモニターの位置は

カメラは最低でも3台必要となりそうで、
1台はクルマのルーフ後方真ん中辺りに。


後2台の小型カメラは普通に考えると従来のサイドミラーにあった位置となりそうです。


 


その他には、
フロントフェンダーに埋め込んだりAピラーに取り付けたりと、様々な位置が検討範囲となってきます。


いずれにせよサイドミラーが小型カメラに置き換わることで、
エクステリア・デザインにも意外と大きな影響を与えそうです。




では室内に置かれるモニターはというと、
真後ろの映像は従来のルームミラーの位置などに。

左右の映像は、ダッシュボードもしくはメーターパネルの左右、
またはドアトリム部分にモニターを埋め込んだりと、
こちらも試行錯誤が続くかもしれません。




一番スマートなやり方として思われるのは、
コンセプトカー「BMW i8 ミラーレス」のように、後方1台とサイド2台のカメラ映像を合成処理しルームミラーの位置に設置したモニターへシームレスで表示するのが、視認性と言った点でも優れているように感じられます。

ただ、映像合成処理でタイムラグが発生しては元も子もありませんが・・・

 


ちなみに、モニターに重複表示できるのは一次的な警報ぐらいなもので、
ナビなどの表示は法的にはできないとのこと。

安全性からいって当然といえますが、重要なのは【即答性】と【視認性】。
加えてトラブルなどで表示不能となった場合の警報機能も必要になってくるところです。


今後の動きとしてはコストの面からいって急速にミラーレスが普及することはなさそうですが、安全性向上や新しいデザインに期待が高まります。
 
スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る