レクサスとは? それは気負わず乗れる国産の高級車


「レクサス」が気になっている世のお父さん方は多いのでは?

昨今は街中でも結構な数のレクサスを見かけるようになり、
その姿を目で追ってしまいがちです。

そんな「レクサス」とは?・・・


 

『レクサス』とは?

トヨタ自動車が全世界で展開している高級車ブランドです。

母体がトヨタということで、トヨタ車との部品共有も多く、生産もトヨタの工場で行われています。

ちなみに、国産の高級車ブランドというと、
インフィニティ(日産)やアキュラ(ホンダ)もありますが、
こちらの2つはほぼ海外専用ブランド。

国内での展開はありませんから、
レクサスが日本でも販売されている唯一の国産高級車ブランドということになります。



さて、高級車ブランドだけで見た場合の世界販売台数は
定番のドイツ御三家(ベンツ、BMW、アウディ)に
約3倍も水をあけらているレクサス。

これは、レクサスが欧州で大きく負けていることが一因ですが、
北米に限っていえば、ドイツ御三家と毎年デッドヒートを繰り広げ
1~3位争いをしており、ジワリジワリと世界販売台数を伸ばしてきています。


では、国内でのレクサスの販売実績はというと・・・
年間約5.2万台(2016年実績)と規模的にはまだまだといったところですが、
最近は8%以上、国内年間販売を伸ばしてきています。

そして、高級輸入車と比べてみると(2016年販売実績)
 ● ベンツ    ・・・ 約6.7万台
 ● BMW     ・・・ 約5.1万台
 ● アウディ ・・・ 約2.9万台

と、国内販売では
「レクサスは、ベンツには負けたがBMW・アウディよりは売れた」
っと、いうことになります。


ということで、レクサスは小規模ながら着実に販売実績を伸ばしており、
国内販売だけでみれば、海外のプレミアム・ブランドと真っ向勝負しているという感じにもみえ、レクサスを見かける機会が増えてきたことにも納得がいきます。

スポンサーリンク

今、レクサスを選択する理由とは?

レクサスが国内販売するクルマの価格帯は、約380~1,300万円と、
世界トップレベルのブランド力を誇るドイツ御三家とも比較したくなるお値段。

では、あえてベンツ・BMWではなくレクサスを選択する理由とは?
はたまた、普通の国産車ではなくレクサスにする理由って?

① 国産車ならではの安心感
② 永年の努力でブランド力が上昇

③ 充実してきたラインナップ
④ 日本人大好き・ハイブリッド車が充実
⑤ レクサス・オーナーだけが受けられる特典サービス
⑥ 3ナンバー車が当たり前の時代に(クルマの大型化)
⑦ 高級車への第一ステップアップに最適
⑧ 今や普通の国産車でも300万円は当たり前。だったら・・・
⑨ 高級外車では周囲の目がきつい


ちょっと補足してみると、

●国産のセダンやクーペが激減
 なので従来はベンツかBMW当たりを物色というパターンが多かったが、
 この辺を一通り揃えたレクサスが代わりの受け皿に

●日本の道路にマッチしたハイブリッド仕様を、
 ほとんどのモデルに設定している
 
 ちなみに・・・
 レクサスには人気SUVのNXに「NX300h」という
 ハイブリッド仕様がありますが、


 
最後の「h」はハイブリッド仕様を表し、
 真ん中の「300」はノーマルエンジン車で換算した場合、
 3.0L級並みの動力性能を持っているこを表しています。


   NX300hのエンジンは2.5Lの4気筒ですが、
 モーターアシストをプラスすると3.0L級並みですよ
 と、いうことですね。

 なお、ハイブリッド無し・2.0Lターボの「NX300」も同じネーミング方法。
 
 レクサス車のネーミングに付く数字はノーマルエンジン車に換算した
 場合、どの程度の排気量に相当するかを意味し統一されています。

● 「レクサストータルケア」というレクサス・オーナーだけが許される充実した
 総合サービスがありますが、このサービスで大きく目を引くの点が2つ。

 一つ目が「レクサスオーナーズデスク」と呼ばれる、オーナー専用の24時間対応
 コールセンターによる有人対応サービス。目的地を告げれば遠隔操作での
 ナビ設定や、航空券やホテルの予約など代行してくれます。

 二つ目は「G-Link」。
 ナビの地図情報の自動更新や事故・急病時の緊急通報、車両盗難時の自動追跡
 など、クルマがネットワークと繋がることで高度なサービスを受けられます。

 レクサスには「DCM」と呼ばれる車載専用通信端末が標準で搭載されており、
 以上のようなナビ遠隔操作などのネットワーク接続によるサービスが可能と
 なってきます。

●冠婚葬祭でベンツで乗り込んだとすると、
 「ちょっと・・・」っと身構えられがち
 その点レクサスだと、さりげなくさらりとかわしてくれそう

●国産車に物足りなくなりステップアップを検討した場合、
 高級外車ではちょっと敷居が高いと感じる・・・
 そんな時、安心感も高い国産のレクサスが最適に思えてくる
 


 
結局のところ、
慎ましやかな大人の日本人には、
ギラギラした高級外車よりも、
ちょっと控えめな高級国産車のレクサスの方が
肌に合うといえそうで、

ラインナップをさらに充実してきたレクサスが今後、
国内シャアを拡大していくのは確実なのでしょう。


2018年は株価急騰で始まりました。
 
プチ・バブルをほんのりと匂わせる中、
近い将来、レクサスがブレークする予感がヒシヒシとしています。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る