女性向け軽【キャンバス vs ラパン】 異なる個性をどう選びますか?

 
代表的な2つの軽自動車メーカーから出揃った「女性向け軽自動車」

キャンバス」(ダイハツ)と「ラパン」(スズキ)ですが、
同じ女性向けのクルマとはいえ、だいぶキャラクラーが異なるようです。
 

 【 キャンバス 】
 %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%b9%ef%bc%91%ef%bc%8d%ef%bc%95

出典「http://www.daihatsu.co.jp/」

 

 【 ラパン 】
 %e3%83%a9%e3%83%91%e3%83%b3%ef%bc%91

出典「http://www.suzuki.co.jp/」

 

キャラクターの違いを比較

 
違いを見せる両車のキャラクター。
具体的に相違点を確認していきます。
 

違い① 車高の高さとスライドドアの有無

 
キャンバス
の車高は、1,655㎜と高く、そして後席スライドドア付き
ラパンの車高は、1,525㎜と標準的高さで、ドアは通常のもの。

ということで、キャンバスの方が室内が広く、
後席への乗り降りや積み下ろしが便利で
ファミリー向けといえそうです。

お子さんがいる方や荷物を積む機会が多く
後席を良く使う方は、キャンバスの方が便利といえます。

 

違い② クルマの重さ

 
キャンバス
の車重は、920kg
ラパンの車重は、680kg

なんと、ラパンの方が240kgも軽く大人3~4人分にも相当します。

このことは、馬力がほぼ同じとなる軽自動車では
クルマの走り、燃費にも大きく影響してきます。

重心が低く軽いラパンは軽快な走りが楽しめ、
運転姿勢も自然で女性や初心者さんにも扱いやすい設計。
 

そして燃費は
キャンバスが、28.6km/L
ラパンが、35.6km/L

通勤にも使用する場合は、
燃費がいいラパンの方が、オサイフにやさしいといえます。

スポンサーリンク

 

違い③ デザイン 

 
キャンバス
の外観は、
一歩間違えるとミニバン商用車となってしまいがちな形ですが、 細部のデザインにこだわった結果そのようなこともなく、今まで有ったようで無かった新感覚を味わえるデザインです。

それでもモノトーンカラーになると、一気に地味な感じになるので
ぜひとも華やかなツートーンカラーを選択したいところ。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%b9%ef%bc%92

出典「http://www.daihatsu.co.jp/」

 

ラパンは、
角のとれた丸四角いオーソドックスなデザインで、
たいへん均整がとれた安心感のある秀逸なデザイン。

こちらも、トップがホワイトとなるツートーンカラーが選択できますが、
モノトーンカラーでも十分に小粋に乗りこなせる感じです。

%e3%83%a9%e3%83%91%e3%83%b3%ef%bc%92

出典「http://www.suzuki.co.jp/」

 
ちなみに、ツートーンカラーを選択すると
 キャンバスは、プラス 64,800円
 ラパンだと、プラス 43,200円

ということで、ラパンの方がお得感があります。


内装にもちょっと触れると・・・

キャンバス
メーター周りの工夫がやや足りない感がありますが、
大人の女性を意識してかタントにも似たセンターメーターで、
スッキリとした落ち着いた感じ。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%b9%ef%bc%93%ef%bc%8d%ef%bc%91出典「http://www.daihatsu.co.jp/」

かたやラパンは、
細部に渡り女性を強く意識した繊細で凝ったデザイン。
特に木目調のカウンター風の前面デザインは従来にはなかったデザインです。

%e3%83%a9%e3%83%91%e3%83%b3%ef%bc%93出典「http://www.suzuki.co.jp/」


こうして違いを見てきましたが、
こんな方に似合いそうに見えてくる両車です。

 キャンバス = 個性を大切にする大人の女性
 ラパン   = 堅実かつアクティブなお嬢さん

スポンサーリンク

「NOREL」はクルマ乗り換え自由の注目サービス
ボディカラーのこんなこと知ってますか?

Pocket
LINEで送る