EVにもトランスミッションを搭載する時がいずれ来る


今のEV(電気自動車)にはトランスミッションがありません。

リーフにも、テスラにも、そしてe-POWERのノートにも
現在市販されているモーターのみの力で走るクルマのほとんどには
トランスミッションがありません。

ですが、いずれは普通に
トランスミッションをEVに搭載するようになるかもしれません。

  

トランスミッションはなぜ必要?

そもそも、エンジン車にトランスミッションが必要なのは

エンジンは
●パワーバンドが狭く
●回転が上がると急激に騒音・振動が高まり
●回転方向が変えられない
ため。

負荷が大きく掛かる発進時はある程度回転数を上げてやらないと、
力が足りずエンストしてしまいますし、

速度が安定し巡行速度になった時、
エンジン回転が高いままだと騒音・振動が不快で燃費も悪化します。

そして、バックする時には逆の回転をギアで作り出す必要があります。

トランスミッションはエンジン車にとって
●力を出しやすい回転数
●快適な回転数

を選択しながら走行するのに必要不可欠な装置です。
  

かなり異なるモーターの特性

下の図は、
世界一のEV販売量を誇った初代リーフ赤線)と
2.0L エンジンのスバル BRZ青線)の
おおよそのトルクカーズを比較したものです。
【初代リーフ】
   最大トルク  28.6 kgf・m  ( 0 ~ 2730 rpm )
   最高出力    109 PS        (2730 ~ 9800 rpm)
【BRZ】
  最大トルク  21.6 kgf・m  ( 6400 ~ 6800 rpm )
  最高出力      207 PS       (7000 rpm)


パッと見ても、両車のトルクの出方がかなり違うことがわかります。
そして、EVにはこんな特徴があると言えそうです。

①低回転時のトルクが非常に大きい
   
最大トルクを回転を開始して即時に出している

②トルクは回転が上がるほど小さくなる

そのため・・・
●最大トルクは大きいが、出力(馬力)はそれほどでもない
●回転数をむやみに上げても出力(馬力)は上がらない
 ※出力(馬力)はトルクと回転数の積

 
③パワーバンドが広い

最高出力を回転数2730 ~ 9800rpmという広い範囲で出している


④エンジンよりも高回転まで回る


最高回転は10,000rpmを少し超える


⑤モーターは制御がやり易い

トルクカーブの形が直線となだらかなカーブで構成され
いびつになっていないことからも、
きめ細かな出力制御が可能なことがわかる


その他、
⑥騒音・振動が少ない
⑦モーターは回転方向を簡単に変えられる

といった特徴があります。

➡次ページ「EVは減速比固定で低速から高速まで走っている」


こんな記事も読まれています↓↓
●ベンツの直6「M256」が復活した背景とその技術
●EV(電気自動車)を買うなら「全固体電池」になってから


Pocket
LINEで送る