e-POWERはハイブリッドを超えられたのか


好調なスタートを切った日産ノート・e-POWER

出典:http://www.nissan.co.jp/


さて、e-POWERは ”シリーズ・ハイブリッド” という部類になりますが、
日産さんはハイブリッドという言葉をこのe-POWERでは使いたがりません。
(できれば “レンジエクステンダーEV” の方がまし?)

その理由はずばり、”ハイブリッド”  をガン見してライバル視してるから。

「ハイブリッド」「ハイブリッド」「ハイブリ ・・・ 」 って連呼したら、かえってライバルの応援になりそう ・・・

ということで、
e-POWERのノート(日産)がライバル視するハイブリッド代表として
価格帯が近いアクア(トヨタ)と比較してみます。
 

e-POWERとは

比較に入る前に「e-POWER」とはなんぞや? です。

①モーターの力のみで駆動し走行します。
②ガソリンを燃料にしてエンジンを回し発電します。
③発電はエンジンだけで行うので電気プラグはありません。

ハイブリッドの場合はエンジンとモーターの力を併用して走行しますが、
e-POWERはモーターのみが駆動力となるので、限りなくEV(電気自動車)に近くなります。


 
じゃあ、EV(電気自動車)と何がちがうの? ということですが、
e-POWERはEV(電気自動車)の ”魔の弱点連鎖” !? を嫌って開発されました。

【 EV(電気自動車)の魔の弱点連鎖 !? 】
● 航続距離が短い
(バッテリーに溜められる電気量ではクルマとって少なすぎ)
    ⇩

● 航続距離をなるべく長くしたいのでより大きなバッテリーを積む
    ⇩
● 充電時間がとても永くなる 
● バッテリーはかなりお高いので価格が跳ね上がる
● バッテリーは重いので車体も重くなる

と、いうことでEV(電気自動車)にとっての命の源は巨大なバッテリーとなってきますが、これが元凶?となってきます。

そこで、e-POWERは小さなバッテリーでも、
「充電する手間もなく」「長く走行できて」「お値段も安め」とすべく、

”エンジンで発電・充電しながらモーターのみで走行する”  っぞと
乗用車史上・世界初として登場しました。

スポンサーリンク

 

比較① 燃費

ノートもアクアも一番の売りは燃費の良さ。
まずは、この燃費から比較します。

【POINT
市街地ではほぼ互角。
高速走行ではアクアの方が1割程度燃費が良い。






様々なテストデータを総合すると、エコモードで走行した場合の両車の実燃費は以下のようになります。

【ノート】
  市街地  約22 ~ 24㎞/L
  高速道路 約24㎞/L

【アクア】
  市街地  約22 ~ 24㎞/L
  高速道路 約27㎞/L
 

高速走行でアクアの方が燃費が良いのは
● エンジンの駆動アシストがあるアクアの方が高速では有利
● ノートは高回転で効率が落ちるモーターを補うためエンジンが
  回りっぱなしになり、減速による回生エネルギーも少くなるので
  高速走行の燃費はあまりよくない

といったことが要因のようで、走行条件によってエンジンとモーターを効率よく使い分けるハイブリッドの方が燃費の面では有利のようです。

ただ、e-POWERも他車と比べてるとかなり燃費がいいことには変わりはありませんし、高速道路はほとんど使わないとか、通勤がメインだよといった場合はほとんどハイブリッドと差がなくなります。



ちなみに、
ノートの場合、ECOモードからNORMALモードに切り替えると15%程度燃費が低下します。
アクアがECOモードを切った場合は10%程度燃費低下で済むようで、ノートよりは悪化は少なくなります。

これはノートには回生協調ブレーキが無いため。
ノートはECOモードを選択すると、回生ブレーキが強く(NORMALモードの3倍)利くようになりアクセルを戻すだけで停止までできる「ワンペダルドライブ」が可能となりますが、NORMALモードにすると従来通りブレーキペダルを踏まないと停止まではできない仕組みとなっています。

回生協調ブレーキはブレーキペダルを踏む量に応じ回生ブレーキも発生させ発電を促がしますが、コスト削減からこれを装備しないノートは、NORMALモード時の燃費悪化傾向がアクアより強くなります。

次ページ 比較② 走行性能

スポンサーリンク

 

レンジエクステンダーEVは低炭素社会の大本命かもしれない
直列6気筒エンジン復活の鍵はダウンサイジングの流れ 

Pocket
LINEで送る