コペン シューティングブレーク 軽の新ジャンル開拓に期待


正式名称は「コペン ローブ シューティングブレーク コンセプト」
東京オートサロン2016で、ダイハツが軽自動車のコペンをベースに出典したモデルです。

シューティングブレーク1                                 出典「https://copen.jp/」


シューティングブレークとは
ステーションワゴンとクーペを融合したスタイルを指し、
欧州の大型高級車にある一つのジャンルといったイメージですから、
軽自動車に使うには、ちょっとおこがましい気もしますが・・・

それはさておいて、
クーペ風のワゴンという点では的を得たデザインで、
従来に無い大人びた軽自動車を演出した
大変好感が持てる軽快なデザインに仕上がっています。

%e3%82%b3%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%92%ef%bc%92                                 出典「https://copen.jp/」

 
同時に出典されたクーペタイプの「コペン セロ クーペ」はというと、
ぼってりとした後端デザインがサイドシルエットに合わず、
「コペン シューティングブレーク」の方が、
断然まとまりのいいデザインをしています。 

ところで、ベースとなった新型コペンは、「DRESS-FORMATION」という樹脂製の外板を脱着できるシステムが売りの一つ。

今回のシューティングブレークは電動ハードトップも、デタッチャブルハードトップに換装したものでルーフ部分も脱着可能 ? っと、ちょっと驚きものでした。

スポンサーリンク


さて、電動ハードトップを取り払い、ルーフラインが伸びたことで
従来の荷室の狭さが解消されたわけですが、そもそもコペンは2人乗り。

クーペ風ワゴンだったら4人乗りにしてほしいところで、どんなに狭くても後席が有ると無いとでは使い勝手に大きな差があり万が一、市販されるようなことがあった場合、大きく販売量に影響してくる要素です。

私のようなシニア層は子供も独立し普段はせいぜい奥さんと二人乗りで、広々としたハイト系ワゴンの必要性はありませんが、なにかの緊急時のためにも後席はぜひともほしいところです。

ところで、ベース車両となったコペンはミライースのシャシーをオープン2シター用にしたもので、オープン時のボディ剛性を確保するため補強が入っていたりと、ミライースとは全く異なるシャシーといっていいほど手が加えられています。

なので、コペン シューティングブレイクを4人乗りにするというのは、実際問題かなり無理がありそうで、じゃあ、シャシーをミライースに戻したら4人乗りにできるのでは?っと、素人の私がつぶやいてはみたものの、事はそう簡単ではないのは明らかです・・・

そして昨今の軽自動車は、背が上に伸びたハイト系ワゴンが主流となり、実際、その手のものが売上高の大半を占めています。

ですが、ハイト系の軽自動車が巷に溢れかえりちょっと食傷気味。
そして、ぼってりとした背が高いボディからは、ちっとも軽快に走る姿が連想できません。

走り屋の若者や、ちょい悪オヤジにも似合いそうな
「コペン シューティングブレーク」。

ダイハツ公式でイメージムービーまで作った新ジャンルの軽自動車の登場に、
期待したいところです。

スポンサーリンク

直列6気筒エンジン復活の鍵はダウンサイジングの流れ
レンジエクステンダーEVは低炭素社会の大本命かもしれない 

Pocket
LINEで送る