カテゴリー別アーカイブ: Tips

        

「センタータンク」はなぜホンダ車ばかり?


「センタータンクレイアウト」は、フィット、ヴェゼル、Nシリーズなどホンダの小型車や軽自動車などに多く採用されていますが、

その他では、過去に三菱自動車の軽「i(アイ)」に採用された程度で他社での採用例はほぼ見当たりません。

スペース効率に優れているとホンダがアピールする「センタータンク」ですが、他社が採用してこないのはなぜなのでしょう・・・ 続きを読む

Pocket
LINEで送る

        

FFが優れているところ、ダメなところ


フロントにエンジンを積み、
前輪で駆動するFF。



小~中型車を中心に多く採用されるFFレイアウトの特徴をみていきます。

 

続きを読む

Pocket
LINEで送る

        

極寒の北海道暮らしに必要なクルマ装備と管理方法


地域によっては10月下旬に初雪が観測されるようにもなる北海道。
そんな北海道の冬は長く、朝の気温が-20℃なんて所も。



そんな極寒で降雪も多い北海道で必要なクルマの装備と管理方法とは・・・ 続きを読む

Pocket
LINEで送る

        

FFはなぜ前輪にストラット、後輪にトーションビームが多い?


現在、主に使われているクルマのサスペンションには、

 ● マルチリンク
 ● ダブルウィッシュボーン
 ● ストラット
 ● トーションビーム
 ● ドディオン

などの種類がありますが、


FF(前輪駆動車)の場合

 前輪:ストラット
 後輪:トーションビーム

という組み合わせが定番となっていて特にコンパクト車に多いレイアウトとなっています。

さて、この組み合わせがFFに多く採用される理由はどこにあるのでしょう? 続きを読む

Pocket
LINEで送る

        

マグネシウム電池がEVの救世主になる!?


EV(電気自動車)の価格・使い勝手を大きく左右する
最重要部品の二次電池(※繰り返し充電できる電池)。

現在、この二次電池はリチウムイオン電池が主流となっていますが、エネルギー容量が頭打ちとなり航続距離が伸び悩むなど様々な壁にぶつかっており、EV普及の足かせとなっています。

その難題を根本的に解決してくれるであろと期待されているのが、
電極にマグネシウムを使用したマグネシウム電池です。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

        

日本と欧州の異なるクルマ事情あれこれ


「所変われば品変わる」と言いますが、日本と欧州の諸事情の違いから来るクルマ創りの違いをあれこれみていきたいと思います。

 

①ディーゼルが主役の欧州

欧州でのディーゼル車の割合は50%以上と、日本とは比較にならないくらい高い数字。

なお、ガソリンよりも軽油が2割近くも安くなる日本と違って、欧州では国によっては軽油の方が高いところもあります。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

        

ナビ表示にも最適な「全面液晶メーター」は普及する?


昨今、ちらほらと見かけるようになったクルマの「液晶メーターパネル」。

メーター部分のみ液晶化したタイプもありますが今回注目したいのは、
メーターパネル全体をフル液晶とした「全面液晶メーター」。

全面液晶メーターは、
ナビやオーディオ情報等をメーターパネル内に切替表示できたり、
好みのデザインに変更が出来たりと、
今までになかった新しい側面をクルマに付加してくれる新しいデバイスといえます。


そんな全面液晶メーターの採用例として、 続きを読む

Pocket
LINEで送る

        

100ccの差が明暗に 初代カローラにみるトヨタの巧みな営業戦略


日産の初代サニーが販売されたのが1966年(昭和41年)4月。
そして、それを追うように初代カローラが同年11月に誕生しています。

当時、日産の大衆車クラスには
 ● ブルバード(主に1200cc)
がありましたが、日産にはこれよりも下のクラスとなる車種が無くこれを埋める形でサニーが誕生しています。

一方、トヨタには、 続きを読む

Pocket
LINEで送る

        

北米と欧州が逆転! 最新のトヨタ・ハイブリッド車販売データからわかった事


2017年2月に掲載されたトヨタのハイブリッド車販売データから、いくつか興味深いことがわかります。

このデータは、トヨタ公式サイトの「TOYATA Global Newsroom」の中で、
<トヨタ自動車、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が1,000万台を突破>という記事中に掲載されたもの。

各地域でのトヨタ製(※レクサスを含む)のハイブリッド車の販売台数データが載っています。 続きを読む

Pocket
LINEで送る

        

50ccバイクが無くなっても125ccが付帯免許になる事はなさそうです

 

50ccバイクがいずれ全滅するのはほぼ確実

” 50ccエンジンの原付バイクがいずれ消滅 ” とされる一番大きな理由となっているのが、「二輪車の排出ガス強化」です。

四輪車に比べ排出ガス規制が緩やかだった今までの二輪車ですが、
「平成28年規制」の施行により、排出ガスの有害物質を従来の半分程度に減らす必要が出てきました。 続きを読む

Pocket
LINEで送る