カテゴリー別アーカイブ: MAZDA

        

SKYACTIV-Xの「X」に次世代ロータリーの姿が隠れてる?


2017年8月にマツダから発表されたSPCCI(火花制御式圧縮着火)。

各メーカーが永年取り組んできたガソリンエンジンの「圧縮着火」という燃焼技術をマツダは世界で初めて実用化し、これに「SKYACTIV-X」と命名しています。


後につけられた「X」には、
ガソリンエンジンとディーゼル、各々の利点をクロスオーバーさせたという意味からネーミングされたといいますが、この「X」にはもう一つの意味が密かに隠れている可能性があります。

それは、次世代ロータリーエンジンの姿なのかもしれません。 続きを読む

Pocket
LINEで送る