100ccの差が明暗に 初代カローラにみるトヨタの巧みな営業戦略


日産の初代サニーが販売されたのが1966年(昭和41年)4月。
そして、それを追うように初代カローラが同年11月に誕生しています。

当時、日産の大衆車クラスには
 ● ブルバード(主に1200cc)
がありましたが、日産にはこれよりも下のクラスとなる車種が無くこれを埋める形でサニーが誕生しています。

一方、トヨタには、
 ● パブリカ(主に800cc)
 ● コロナ   (主に1500CC)
という大衆車クラスが用意されており、その中間を埋める1000ccクラスの車種としてカローラは企画されました。



さて、当時のトヨタと日産はライバル関係にあり、初代のカローラとサニーは誕生以来、大衆車クラスで激しい販売合戦を繰り広げることとなるわけですが、

この2車が大きく異なっていた点はサにーが1000ccで、
カローラはそれよりも100ccだけ多い1100ccで登場したことです。


カローラが税金面でも不利と思われる中途半端な1100ccで登場した理由には、

● サニーやその他競合車との差別化
● パブリカ失敗からの教訓
● 整備が進む高速道路への対応
● 高度成長期という時代背景

が考えられます。

カローラを発表する以前より、トヨタにはエントリークラスとして空冷2気筒のパブリカを出していましたが発売当初の販売は低迷。

大衆向けに廉価な価格設定を徹底しラジオやヒーターすら装備しない質素な装備としたことが要因で、廉価とはいえ庶民には高額となるクルマとしては華がなさ過ぎました。
当時の自家用車を持つことに夢を抱いていた庶民の心理を読み切れなかったといえます。

ちなみに発売開始から約2年後、パブリカに装備を充実したデラックス仕様が追加され販売台数を持ち直しています。

スポンサーリンク

この教訓からカローラは4速フロアシフトやリクライニングシートなど大衆車クラスとしては豪華な装備を設定し、他の大衆車の多くが1000ccとする中にあって1100ccという排気量で登場してきました。

開発当初は1000ccで企画されたカローラでしたが、サニーの開発を察知したトヨタが開発後期になって1100cc(60馬力)に設計変更したと言われています。

そしてこの設計変更を後押ししたのは、当時本格的な高速道路の整備が進みつつあり余裕ある高速走行や、高度成長期の真っただ中でより豊かさを求めていた人々との心理とも合致していたといえます。

逆に1000cc(56馬力)で登場したサニーの立場でからいうと、
もともと日産には無かった1000cc以下を補完するものとして企画されたもので、850ccからスタートした開発計画でしたが後に1000ccに拡大されています。

しかしながら当時、日産の看板・ブルーバードの主力は1200ccだったことからも、排気量が近付き過ぎる1100ccにするという発想が生まれてくる余地はどこにも無かったと言えます。



初代カローラのキャッチコピーは「プラス100ccの余裕」。

排気量100ccの差は現代の水準から言えば取るに足らないものですが、マイカーブームがやっと到来した時代からすれば大きな余裕に繋がったようで、当時のクルマに対する顧客心理をうまく取り込んだ初代カローラは大ヒットしました。

そこには、今でも評価が高いトヨタの営業戦略の発端が垣間見れます。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る