日本でも採用の「CAFE方式」を解説してみた

2020年度(平成32年度)の燃費規制より日本でも採用される
「CAFE方式(企業別平均燃費基準方式)」とは?

順を追って確認していきます。

 ● C
orporate         【 企業 】
 ● A
verage          【 平均 】
 ● F
uel Efficiency    【 燃費効率 】
 

従来の方式

本題に入る前に、従来方式をちょっとおさらいしてみます。

従来は、車両の重量区分毎現状最も燃費が優れた車種を基準に取り、
規制が行われる数年後の技術的進歩による改善率を考慮した上で、
事前に燃費規制の基準(燃費規制値)を決定しています。 

 ( ※これを「トップランナー方式」といいます )

スポンサーリンク

そして、実際の出荷台数を加味した平均燃費が
車両重量の区分毎燃費規制値をクリアできたか
を評価していました。

 ※燃費は車両が重くなるほど悪くなる傾向にあります
 ※2015年度の乗用車の規制では車両重量毎に16区分あります


ということで、従来方式は、
車両重量の区分毎に燃費を評価」
ということが、ポイントになります。

 

CAFE方式とは (概要)

CAFE方式を一口でいうと、

自動車会社毎に異なる燃費規制値が設定され、
 その自動車会社自身が規制値をクリアできたか」

という評価の仕方になります。


従来方式
16個ある重量区分毎に設定された各自動車会社共通の燃費規制値を
その重量区分毎にクリアしたか?
という評価でしたが、

CAFE方式
自分の会社が販売した全てのクルマの平均燃費をもとに、
自分の会社に対する燃費規制値が
1つだけ決められ、
(※この燃費規制値は自動車会社ごとに異なる)

それをクリアしたか? 

となります。

次ページ(2/3) CAFE方式による計算と評価方法
次々ページ(3/3) CAFE方式を採用する理由とその影響

スポンサーリンク

レンジエクステンダーEVは低炭素社会の大本命かもしれない
超小型モビリティとは 暗雲立ち込める今後の展開

Pocket
LINEで送る