ボディカラーのこんなこと知ってますか?

 

「ソリッド」「メタリック」「マイカ」とは

クルマのボディカラーを大別すると3種類が存在しますが、
ハッキリとこの違いを友人に説明できますか?

● ソリッド
単色で一番ベーシックなカラー。

● メタリック
ソリッドカラーの中に微粒な金属 (アルミ)が入っていて、
キラキラと光りを反射します。

● マイカ
ソリッドカラーの中に微粒な雲母(マイカ:鉱石の一種)が入っています。
雲母は半透明の層が重なって形成しているため、光を複雑に反射し真珠に似た光沢感が出てきます。

なお、 「パール」と呼ばれるカラーをよく耳にしますが、
基本的には「マイカ」と同じものです。

スポンサーリンク
 

世界初 遮熱効果を持たせたボディカラー

今、日本でダントツ1位で売れている新型プリウス。

このプリウスに設定されているカラーの中に
新色の「サーモテクトライムグリーン」という黄色の強いややグリーンのいうカラーが設定されています。

%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%82%b9%ef%bc%91%ef%bc%91

出典「http://toyota.jp/」


ところで、このボディカラー。
世界初となる、遮熱機能を持っていて外板温度の上昇を緩和させる効果があります。

仕組みは、赤外線を吸収しやすいカーボンブラック粒子を極力カラーベースから排除し、赤外線反射率の高い「大粒径酸化チタン粒子」をカラーベースに混合したとのこと。

%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%82%b9%ef%bc%91%ef%bc%92

出典「http://toyota.jp/」


この遮熱効果から期待できるのが、

 ● 室内温度の上昇を抑止しエアコン稼働時のバッテリー負荷を軽減
 ● 重要性が高まる各種電子機器の熱シールド対策の一つとして

と、今後PHV、EV等の環境対策車の比率が高まる上でも重要度が増してきそうです。

さて、興味ある機能ではありますが、
色合い的には黄色味が強いこの一色のみであるところが残念なところで、
派手目であるからしてなのか、人気はイマイチといったところのようです。

 ※ちなみに、プラス43,200円(消費税込み)のオプション扱いです
 

人気上位のカラー

現在、日本で人気のボディカラーは

 1位 ホワイト
 2位 ブラック
 3位 シルバー

さて、ボディカラーは下取り価格にも影響してきますが、
一般的に、黄色系や赤系の派手目のカラーは中古車市場では敬遠されがちのようです。


最後に余談を・・・

現在、人気カラーの一つ ブラック
意外と思われるかもしれませんが、
昔( 名車・フェアレディZが誕生した1969年頃)は
全くというほどブラックの乗用車は走っていませんでした。

統計からすると日本でブラックが増えてきたのは、
バブル景気の頃からのようですよ。

スポンサーリンク

「NOREL」はクルマ乗り換え自由の注目サービス
電気コンセントが必要なクルマは売れない? ので無くしたEVが登場

Pocket
LINEで送る