電動車のバッテリー容量をグラフで比較




EV、PHV、HV、e-POWERなどの電動化されたクルマが搭載している
駆動用バッテリーの容量をグラフで比較してみました。

今回対象に選んだのは以下の5車種です。

                                  <駆動用バッテリーの容量>
● テスラ・モデル3          ・・・ 60kwh 75kwh の2種
● リーフ (2代目)          ・・・ 40kwh62kwh の2種
● プリウスPHV (2代目)  ・・・ 8.8kwh
● アクア                     ・・・ 0.936kWh
● ノートe-POWER         ・・・ 1.5kwh

  ※ バッテリー容量が2種あるものは大きい方をグラフ化しています

 

 

 

 

 

 

 



充電だけで走行するEVのテスラ・モデル3(航続距離498km) と
リーフ(航続距離458km)のバッテリー容量はさすがに大きく、
ハイブリッドのアクアと比べ66~80倍もの大きさ。

PHVは通勤や買い物などの普段使いでは充電された電気だけで数十㎞程度は走行できるようにEVモードを搭載していますが
プリウスPHVの場合、EVモード時の航続距離は68.2㎞で
航続距離・バッテリー容量ともリーフの約1/7。

アクアとそのライバルのノートe-POWERとを比較してみると、
ノートe-POWERの方が若干大きく約1.6倍。
モータはアシスト的要素が強いハイブリッドと
モータのみで走行するe-POWERとの違いのようです。

さて、駆動用バッテリーの容量は「kwh(キロワット・アワー)」という単位で表示されることが多いようで、

 1kwh = 1kw の で電力を1時間使用した場合の電気量

となります。

例えば、以下の2例とも1kwhの電気量を消費したことになります。
 ● 1000wのドライヤーを、1時間使用した時の電気量 = 1kwh
 ● 500wの電子レンジを、2時間使用した場合の電気量 = 1kwh


ちなみに、一般家庭の1日当たりの消費電力は約8kwh。なので、
リーフ(62kwh版)の駆動用バッテリーは
一般家庭が消費する電力の7~8日分もの大容量
を持っていることになります。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る