48Vマイルドハイブリッドで欧州車の攻勢が始まる


ドイツの主力メーカーを中心に策定された48V 。
欧州はこの規格に基づくマイルドハイブリッドで攻勢を掛けようと
しています。

欧州全体を巻き込んで展開される48Vとはどんなものなのでしょうか。


 

48Vとは

現状のクルマに搭載されている12ボルト電源に加え、48ボルト電源を追加しようとするもので欧州を中心に推進されています。

ドイツの自動車メーカー5社(VW、ダイムラー、BMW、アウディ、ポルシェ)が中心となり、2011年に「LV148」という名称で48Vの車載電源規格が策定されました。
(※アウディとポルシェはVWグループの傘下なので実質3社で策定)

スポンサーリンク



この規格に基づく部品の開発を欧州を中心とする各部品メーカー(ボッシュ(ドイツ)、コンチネンタル(ドイツ)、ヴァレオ(フランス)など数社)に要請。

規格に沿った48Vリチウムイオンバッテリー、ISG(スターター・発電機・モーターの兼用ユニット)、エアコン、電動パワステ等々の供給を促がしています。

標準化された48V電源規格の下、自動車メーカー及び主力プライヤーをも巻き込んで、さながら ” 欧州自動車連合 ”での総力戦を呈しています。
 

48Vが必要とされる背景

①構造が複雑でコストがかさむストロングハイブリッドを避け、
 マイルドハイブリッドを構築しようとした場合、
 既存の12Vでは電圧が低く電力効率が悪い。

①ストロングハイブリッドは高圧の200V前後の高圧を使用。
 このため、人体に危険とされ60V以上では規定により安全対策が
 必要となり更にコストがかさむ。

③高級車を筆頭に電装品の搭載が多くなり車載電源の電力量が逼迫。
 車載電源の強化が必要となってきている。

④新たな高圧電源の採用で、電動ターボ、電動スタビライザーなど、
 新たな付加価値が創造できる。


この他、
● 電流が低くなりハーネスを細くでき軽量化につながる。
● 12Vに加え48V電源を搭載することでどちらかが故障した場合に
 バックアップとなる

などの利点が得られます。
 

以上、48V電源が必要とされる理由は様々ですが、

一番の要因は、
欧州で今必要とされる「マイルドハイブリッドの構築」にあります。
 

なお、あらためて確認しておくと、

ストロングハイブリットとは、エンジンとモーターの駆動力を併用して走行し短い距離ならばモーターのみでの走行も可能。(例:プリウス)

マイルドハイブリットもエンジンとモーターを併用しますが、モーターはあくまでもエンジンのアシストを行い、スターターと発電機も兼用したものをいいます。(例:スズキ・S-エネチャージ 〈 ※12Vバッテリーを使用 〉)

次ページ  (2/3) 欧州が48Vマイルドハイブリッドを推進する理由
次々ページ(3/3) 直列6気筒エンジン復活にも一役買う

スポンサーリンク

直列6気筒エンジン復活の鍵はダウンサイジングの流れ
レンジエクステンダーEVは低炭素社会の大本命かもしれない

Pocket
LINEで送る