3ナンバーのクルマがなぜ増える?


小型車(5ナンバー)のサイズは
全高2.0m、全長4.7m、全幅1.7m以下で、エンジン排気量は2,000cc以下。

そして、このどれか一つでも超えれば普通車(3ナンバー)となります。

trail-412587_640

 

 3ナンバー車が増えたきっかけ

3ナンバー車が増えるきっかけになったのは、
1989年(平成元年)の自動車税改正。

改正前は3ナンバー車になったとたんに年額39,500円から81,500円に一気に跳ね上がってしまい、気軽に3ナンバー車を買える状況にはありませんでした。
3ナンバー車に乗っている方はお金持ちか本当のクルマ好きの人だけでしたから、ちょっとしたステータス感がありました。
 
ちなみに自動車税改正となったのはバブル景気のさなか貿易で儲け過ぎていた日本に対し、「日本で外車が売れないのは自動車税のせい」と海外から批判されたため。

この税制改正により自動車税額はボディサイズに関わらず、
排気量のみで加減されることとなり
以下のように段階的に小刻みに税額が上がるように改正されました。

 1.5L超 ~2.0L以下は、39,500円
 2.0L超 ~2.5L以下は、45,000円
 2.5L超 ~3.0L以下は、51,000円 ・・・

これにより3ナンバーだからといって以前のような多額の税金を支払う必要がなくなりましたから、非常に手が出しやすくなりました。
 

また、3ナンバーと5ナンバーで
・重量税が変わるでもなく、
・高速道路の料金が変わるわけでもなく、
・駐車場料金も変わりなく、
・フェリー代も全長1メートル毎の上乗せで、
・車検の検査手数料は3ナンバーの方が100円高い
だけです。

ですので、3ナンバーだからっといってユーザーの負担が重くなるようなこともないので、今となっては「3と5」に分ける意味すら希薄です。

スポンサーリンク

5ナンバー車が激減

ボディとエンジンのサイズに制限が少ない3ナンバー車はメーカー側にも都合がよく、デザインの自由度が広がり、衝突安全性・居住性への対応も楽になります。

また、国内でも受け入れやすくなった3ナンバー車は市場規模の大きい海外に合わせグローバル展開していけば、投資効率ががぜん良くなります。

現在、為替リスク回避を大きな理由として増加を続けた海外現地生産は6割を超えており、
国内生産は利幅が比較的多く円高になっても輸出採算が悪化しにくい3ナンバー車の比率が増えています。
stelvio-yoke-69363_640
 
その結果、国内市場から5ナンバーのクルマが減少し、
海外市場向けに開発した3ナンバー車をおまけで日本で販売しているようにも見えるのが現状です。

そして、所得が伸びない国内では選択肢が少なく魅力が薄くなった5ナンバー車の代わりに、充実感が増してきた軽自動車の方へと目が向かいます。

日本の道路事情にマッチした5ナンバー車の充実を望みたいところではありますが、今後、国内市場は緩やかに減少していくとの予測があり、メーカーの海外重視の姿勢は続きそうです。

スポンサーリンク

軽自動車はもうからないクルマなのか?
レンジエクステンダーEVは低炭素社会の大本命かもしれない

Pocket
LINEで送る